人が太ってしまうメカニズムとは!?

太った男性人が太ってしまうのはエネルギーの摂取過多が主な原因です。

食事で摂取したエネルギー量が消費エネルギーを上回った場合、余剰エネルギーは人の脂肪細胞に蓄積されていきます。その結果、脂肪細胞が大きくなって太るわけです。

 

脂肪細胞はこうした余剰エネルギーの貯蔵庫であり、エネルギーが足りなくなった時に脂肪細胞からエネルギーを出すわけです。

脂肪細胞に蓄積されたエネルギーを吐き出せば、脂肪細胞は元の小さい状態に戻るので痩せるというワケです。

 

ですから、太ったり痩せたりした場合であっても脂肪細胞一つ一つの大きさが変わっているだけなので脂肪細胞自体の数に変動はありません。

 

脂肪細胞に蓄えられているエネルギーを使うための一番簡単な方法は食事をしない事。

そうすれば、食事でエネルギーを摂取することができなくなるので、貯蓄されたエネルギーが解放されて、脂肪細胞は小さくなります。

 

しかし、この方法は当然オススメできません。

無理な食事制限を行えば、その分効率的に脂肪細胞のエネルギーを吐き出させることができますが、体が外からエネルギーを摂取できない状態が続くと、生きるためにより少ないエネルギーで生きていけるように順応します。

その結果、過度な食事制限でダイエットに成功しても、次にエネルギーが全くとなれくなったときに困らないよう、よりエネルギーを体に蓄えようと働きます。

その結果、ダイエット前の食事をしても、ダイエット前よりも太りやすくなってしまうわけです。

これが、無理な食事制限をするとリバウンドしてしまいやすい原因なのです。

食事制限は効率的に痩せれますが、その分リバウンドしやすく自分でしているわけです。

 

そうならないようにするためには、日常的に摂取するカロリーを少しずつ抑えて、消費エネルギーを増やすことが肝心です。

そうすれば、自然と脂肪に蓄えられたエネルギーを開放していくことができ、体もよりエネルギーを蓄えようとしないのでリバウンドのリスクが大きくなることもありません。

 

ゼニカルの購入はこちら

ゼニカルのパッケージ脂肪の吸収を抑えて、ダイエットを成功へと導く肥満治療薬のゼニカル。

日本では承認されていないため、手に入れるためには通販を利用するほかありません。

 

ゼニカルの購入はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です